カラーセラピスト 独立 開業

MENU

カラーセラピストとして独立開業するには?

カラーセラピストとして活躍できるようになってから、独立開業したいという方もおられるのではないでしょうか。

 

やはり、雇われている身よりも、もっと自分の理想となるカラーセラピーを徹底させたお店を持ちたいという気持ちも出てくると思います。

 

そこで、カラーセラピストとして独立開業するためには、どうすればいいのかという点について、ご説明していきます。

 

カラーセラピストとしての働き方

カラーセラピストとして働くとなると、サロンで働いたり、独立開業を目指すということなどが考えられます。

 

多くの場合には、サロンなどで雇われて働くということになります。

 

この働き方には、実は様々なものがあります。

 

サロンといっても、様々なサロンで勤務することが出来るのです。

 

例えば、エステサロンでカラーセラピーを取り入れた癒しを提供することが出来たり、ネイルサロンでヒーリング効果のあるネイルを提供したりすることも出来ます。

 

色というのは、私達の生活と切り離す事が出来ないものとなっていますので、どのような仕事であっても資格を活かすことが出来るのです。

 

では、カラーセラピーを取り入れて・・・という事ではなく、カラーセラピー一本で独立開業して理想のお店を築くためには、どうすればいいのでしょうか。

 

カラーセラピストとして独立開業するためには?

カラーセラピストとして独立開業するためには、ある程度の資金が必要となります。

 

テナントを借りて独立するのであれば、そのテナント費が必要となりますし、リラックスしていただけるような空間を作る必要もあります。

 

自宅の一部を改修するとなれば、その改修費なども必要です。

 

このような費用をなくそうとするのであれば、出張式のカラーセラピストとして独立するという方法もあります。

 

これは、相談者の方が指定した場所に出向いたり、カフェなどを借りてカウンセリングを行うという方法になります。

 

この場合であれば、交通費などは相談者の方に負担してもらうことが出来ますので、独立の際に必要となる費用は、宣伝費(サイトや広告など)程度でしょうか。

 

いずれの場合にせよ、独立開業するためには様々な点において、準備が必要となります。

 

開業するとなると、役所への手続きなどが必要となることもありますので、事前に調べて準備しておくことが大切です。