カラーセラピスト 資格 種類

MENU

カラーセラヒ?スト|資格の種類はどんなものがある?

カラーセラピストの資格には、いくつかの種類が存在しています。

 

ここでは、カラーセラピストの資格を取得しようとされている方に、その種類についてのご説明をしていきます。

 

資格の種類ってどんなものがあるの?

カラーセラピストとは、様々な色を用いて、相談者の方に対して癒しを与えるという仕事です。

 

つまり、カラーセラピーを行っていくということになります。

 

このカラーセラピーというものには、いくつかの種類があり、資格の種類もそれぞれ存在しているのです。

 

では、どのような種類があるのでしょうか。

 

・ボトルのカラーセラピー
・アートセラピー
・光を取り入れたセラピー

 

など、このような種類が存在しており、それぞれにいくつもの民間資格があります。

 

カラーセラピストの資格は、全てが民間資格となっていますので、多くの資格が存在しているのです。

 

ボトルのカラーセラピー

綺麗な色のボトルを使用して行うカラーセラピーがあります。

 

相談者の方が選ぶボトルの色によって、今の気持ちを理解し、不安を解消することが出来るような色を取り入れたアドバイスを行います。

 

このボトルを使用したカラーセラピーには、オーラソーマ・センセーション・オーラライトなどの種類があります。

 

費用や受講期間など、共に人気のある資格としては、TCカラーセラピーの資格があります。

 

14種類のボトルを使用してカラーセラピーを行うことが出来る様になり、一日の受講で取得することが可能となっています。

 

アートセラピー

こちらは、介護現場でも用いられることがあるもので、対象となる方が描かれた絵(アート)をもとに、心の中を知ることが出来るというものです。

 

言葉にするのが難しいような悩みであっても、絵を通して知ることが出来るのです。

 

様々な色を使用して描かれるアートには、その方の心が映し出されています。

 

アートセラピーに関する資格には、アートセラピーメンタルケア相談士などがあります。

 

このように、カラーセラピストの資格にはいくつかの種類が存在しており、それぞれの分野でさらにいくつかの種類の資格があるのです。

 

ボトルなどを通して行うカラーセラピーも素敵ですし、アートを通じて行うセラピーも素敵です。

 

自分がどのようなカラーセラピーを行いたいのかという事をよく考え、どの種類の資格を取得するのか、検討してみるといいかもしれません。