カラーセラピストとは

MENU

カラーセラピストとは?

カラーセラピストというのは、まだあまり聞きなれない職業かもしれません。

 

では、カラーセラピストというのはどのような仕事を行う人なのでしょうか。

 

ここでは、カラーセラピストについてご紹介していきます。

 

そもそもカラーセラピーって何?

カラーセラピストについて知る前に、カラーセラピストが行うカラーセラピーについてご説明しておきます。

 

カラーセラピーというのは、様々な色が持つ効果を理解して、それらの色を使って心理的な療法を行うものです。

 

色は心が抱えているストレスや不安、喜びなどを反映させるものであり、その人のその時の気分によって効果が異なります。

 

人はそれぞれが、色に対しての感じ方やイメージに異なる捉え方をしています。

 

カラーセラピーは、人それぞれ捉え方が違うという事を活用し、専門的な知識と技術を駆使して心理面に働きかけます。

 

カラーセラピストとは?

上記のようなカラーセラピーを行うのが、カラーセラピストです。

 

カラーセラピストは、相談に来られる方のカウンセリングを行い、その時の人それぞれの気持ちを読み取ります。

 

そして、その人が持っている色に関するイメージなどを理解し、相談に来られた方が落ち着くような色や、やる気が出るような色などを選んでいきます。

 

人は無意識のうちに、心や性格の状態にあった色を選ぶとされています。

 

要望のあった効果が得られる色を、その方の生活の中に取り入れて、より良い生活や心を保つ事ができるように、アドバイスを行います。

 

カラーセラピストは、色の使い方についてのプロというわけです。

 

心理療法ではあるのですが、心理カウンセラーとはまた違った面を持っている仕事になります。

 

カラーセラピストになるには?

カラーセラピストになるためには、カラーセラピーについての専門的な知識や技術を身につけなくてはなりません。

 

カラーセラピストとして働くためには、通信教育や通学講座などでカラーセラピストになるために勉強し、資格を取得するという方法があります。

 

この方法で資格を取得してからは、独立する方もおられれば、サロンなどで勤務される方もおられます。

 

カラーセラピストとしての資格を取得してから、就職先がスムーズに見つかるというわけではありません。

 

そのため、就職に関してはやや苦労する場面もあるかと思います。

 

ですが、色というのは人の生活にか欠かせないものであり、嫌でも関わっていくものです。

 

そのため、ファッション業界からインテリア業界など、様々なところで活躍できる可能性がある仕事です。