カラーセラピスト 資格 独学

MENU

独学でもカラーセラピストを目指せる?

カラーセラピストの資格を取得するために、独学で学ぼうとされている方もおられるかもしれません。

 

ここでは、独学でもカラーセラピストを目指すことができるのかどうかという点について、ご説明していきます。

 

独学でもカラーセラピストを目指すことは出来る?

カラーセラピストとして活躍したいという場合、必須となる資格は今のところ存在していません。

 

そのため、極端な事を言えば、無資格の状態で、今すぐにでも「カラーセラピストです!」と名乗る事が出来ます。

 

ですが、カラーセラピーには、色についての専門的な知識や技術が必要となりますし、カウンセリングの技術も必要となります。

 

相談者の方との信頼関係を築くためにも、カラーセラピストの資格を取得することが重要になります。

 

カラーセラピストの資格を取得するためには、通信・通学講座やスクールなどで学ぶことが一般的となっています。

 

独学で学ぶ場合、受験資格が必要のない試験を受けるという方法があり、この方法であれば、独学でもカラーセラピストを目指すことが出来ます。

 

独学で学び、資格試験を受験することが出来るものとして、日本アロマメディカル心理セラピー協会が行っている、カラーセラピー認定試験というものがあります。

 

こちらは、受験資格がなく、受験料は10,000円、ネットからの申し込みで、在宅受験となっています。

 

忙しくて試験会場に行く時間もないという方にとっては、在宅受験が可能なこちらの資格はとても嬉しいと思います。

 

ただ、独学となると、自分でテキストや参考書などを購入し、カウンセリングの技術や色についての専門的な知識などを身につける必要があります。

 

そうなると、どのような部分が重要で、どのような技術があるのかという点に、少々不安が残ることになってしまいます。

 

独学で取得することも良いと思うのですが、やはりスクールや講座などで学んで、知識と技術を身につけ、不安がない状態でカラーセラピストとして活躍できるようにしたいところです。

 

そのため、独学での取得も可能ではあるのですが、やはり講座やスクールで学ぶ事をおすすめします。