カラーセラピスト 仕事

MENU

カラーセラピストの仕事内容は?

カラーセラピストとして働くとなれば、どのような仕事を行う事になるのでしょうか。

 

カラーセラピストになりたいという方であれば、当然仕事内容をご存知の上での夢だと思いますが、中にはさらに詳しく知りたいという方もおられると思います。

 

ここでは、カラーセラピストの仕事内容について、ご紹介していきます。

 

カラーセラピストの仕事内容ってどんなもの?

カラーセラピストは、まず相談に来られる方にカウンセリングを行い、その方の心の中を理解していきます。

 

その方が、それぞれの色をどのように感じるのかなどを見極め、その方が精神的に安心したり、気分が明るくなったりするような色を選びます。

 

そして、その色の使い方や、生活への取り入れ方などについてアドバイスを行い、相談に来られる方に対して癒しを提供していくという仕事となります。

 

色を使って、生活や精神状態などを、より良い方向へ導くことが出来る様に働きかけるというのが、カラーセラピストの仕事なのです。

 

色というのはとてもたくさんあり、それぞれの色は人によって感じ方、見え方が異なります。

 

例えば、赤色に対し、「やる気が出る色、元気な色」と感じる方がおられれば、「不安になる色、不吉な色」と感じる方もおられます。

 

そのような人それぞれの色への感じ方は、実はその時の気分によって異なるものなのです。

 

心理カウンセラーとは全く異なるものの、色についての知識や技術を用いて、心理面に働きかけるというのがカラーセラピストなのです。

 

カラーセラピストはどこで働くの?

カラーセラピストには、サロンで働く方もおられますし、独立開業を行い働く方もおられます。

 

中には、カラーセラピストの資格を活かしてお花屋さんで働き、お客様に花にプラスして色による癒しを提供しているという方もおられます。

 

ファッション業界やインテリア業界などでも活躍されている方はおられますし、介護職や看護職などでもカラーセラピストとしての一面を活かして働いている方がおられます。

 

色というのは、私達の生活と切り離せないものですので、その活躍の場はとても広いと言えます。